技能実習制度とは

我が国で開発、培われた技能、技術又は知識の開発途上地域等への移転を図り、その開発途上地域等の経済発展を担う
「人づくり」に協力することを目的とする制度です。
今般、新しく基本理念が追加されました。

基本理念

  1. 技能実習制度を労働力の需給の調整の手段として行われてはならない。
  2. 技能等の適正な修得、習熟又は熟達のためのに整備され、かつ、技能実習に専念出来るよう保護を図る体制の確立された
    環境で行わなければならない。

新制度の概要点

 1)外国人技能実習機構の設立
 2)技能実習計画の認定制
 3)実習実施者の届出制
 4)監理団体の許可制
 5)技能実習生の保護(時間外労働は年間総実習時間の25%以下が望ましい)
 6)二国間取り決めに基づく送出し国による送出機関の認定

外国人技能実習機構 <主な業務として>

 1)技能実習計画の認定
 2)実習実施者の届出の受理
 3)監理団体の許可申請の受理
 4)技能実習生の保護、申告、相談、援助
 5)実習実施者や監理団体に対する指導
     イ.実地調査(予告なし)
     ロ.技能実習計画の取消
     ハ.監理団体は年1回、実習実施者は3年に1度の実地検査
     ニ.認定取消